• トップ /
  • 無事妊娠するための対策

無事妊娠をするには

無事妊娠するための対策

妊娠の確率を上げる方法

無事に妊娠を成功させるためには、計画的な戦略が必要です。ただ漠然と夫婦ふたりで性生活を送っているだけでは、良い知らせを受け取る確率は低いままです。最近は晩婚化が進んできました。男女双方の年齢が高いと現実問題として妊娠する確率も低い状態になります。ただ、10代から20代の間に結婚、子作りを済ませるのは、今日の社会環境を考えた時、非常に困難です。計画的に子作りを進める上で、意識したいのがいわゆる女性の生理のバイオリズムです。俗に危険日、安全日と呼ばれるバイオリズムの周期を正しく把握する事です。妊娠の確率を上げたい場合は危険日と呼ばれる周期に合わせてセックスの頻度を上げればOKです。生理のバイオリズムは基礎体温表を記録する事で割り出す事が出来ます。また最近では毎朝体温計で体温を記録する事で、代わりに危険日と安全日の計算を代行してくれるスマートフォンのアプリもありますので、それを利用してセックスに適したタイミングを調整してみましょう。いわゆる親の実家で暮らしている新婚カップルはなかなか性生活を営む事が出来ません。妊娠を目指すなら、危険日の周期に合わせて、夫婦揃って水入らずの温泉旅行に行く等して、いわゆる実家以外で子作りに専念するにしましょう。性生活の頻度が低いと、たとえ男女双方の精子、卵子のコンディションが良くても妊娠は困難です。

バックナンバー

↑PAGE TOP