• トップ /
  • 一般的な妊娠の確率とは

妊娠する確率はどのくらいなのか

一般的な妊娠の確率とは

妊娠の確率を知ることが大事

医学的には1ヶ月の中で妊娠の確率が高い日にちがあります。女性の性周期によって異なります。月経周期がある程度一定の場合には、一般的に、妊娠しやすい日にちを割り出すことが可能です。一般的には、生理の開始からおよそ二週間前後で排卵がおこります。排卵日の前後が最も妊娠しやすいとされています。排卵日を知るためには、基礎体温をつけることがポイントです。基礎体温は婦人体温計を使用してはかります。朝、目覚めた際に布団の中ではかります。寝返り等をうたずに、じっとした状態ではかることがポイントです。排卵日を正確に推測することは非常に難しい傾向にあるため、確実に妊娠をする日を特定することは難しいですが、可能性の高い日を見つけることが可能です。一般的に、健康な若い男女が排卵日に合わせてセックスを行っても、妊娠の確率はおよそ20%から25%ほどとされています。25歳から30代前半では25%から30%、30代後半では18%、40代後半では5%、40代後半では1%と年齢を重ねるたびに確率は減少していきます。また、セックスを毎日のように行っていたり、1日、2日おきに行っている場合には、受精可能な精子が女性の卵管膨大部にいるため、どのタイミングで排卵しても、受精しやすくなります。

バックナンバー

↑PAGE TOP